2020年9月1日火曜日

2020/09/01(火) 子どもはなぜ縁石の上を歩くのか?

  NHKの人気番組、「チコちゃんに叱られる」2020年8月21日放送分の中で、「子どもはなぜ縁石の上を歩くのか?」ということがテーマになっていました。専門家によると、答えは「限界に挑戦し、己の能力を高めるため」だとのことでした。

 深掘りしてみますね。これらの子どもの特性は、二つの要素に分けて考えることができるとのことでした。

 一つは「アフォーダンスの発見」。アフォーダンス(affordance)とは、「与える・提供する」という意味を持つ「afford」を元にした造語であり、「人や動物と物や環境との間に存在する関係性」を示す、認知心理学における概念だそうです。アメリカの心理学者、ジェームス・J・ギブソンによって提唱されました。具体的には、「縁石には、『車道と歩道を分ける』というアフォーダンスがあるけど、『上を歩く』というアフォーダンスもあるね。新しい使い方を発見したよ。楽しい~」ということです。「こんな使い方もできるぞ!」といった新たな発見は、知的発達に大いに寄与することでしょう。

 もう一つは「フロー体験」。フロー(flow)体験は心理学の用語で、没頭、夢中、熱中といった、自我を忘れて物事に集中する体験だそうです。できるかできないかの限界の最中に感じる幸福感で、簡単すぎても難しすぎてもフロー体験はできないということになります。歩き始めの子どもにとっては、まさに歩くことがフロー体験ですね、そして、もう少し大きくなると、縁石の上を歩くことこそが、できるかできないかの限界の体験になるのですね。

 ある日、園内の階段の手すり部分に手足をかけてぶら下がりつつ、懸命に横移動している子どもの姿が・・・。アフォーダンスの発見と、フロー体験の真っ最中ですね。限界に挑戦し、己の能力を高めている・・・のは分かりますが・・・。「ここから先は反対側に落ちて大けがするから、ここまでね」、「小さい子が真似してケガするから、いない時だけね」、「みんなでやると重さで手すりが壊れるから、一人ずつね」・・・。

 「アフォーダンスの発見とフロー体験」は、「限界に挑戦し、己の能力を高める」ために、子どもには必須のプログラムと言えるでしょう。もちろん、「安全が保障される」という前提があることは、大切だと思います。でも、個人的には、「危ないから、やめましょう」と思考をストップさせるだけではなく、他の使い方を模索したり、限界ぎりぎりの行動をしたりしている子どもたちの姿もある保育園にしていけたらいいな・・・と思います。

 ところで、このお絵描き中の写真は、「紙だけでなく、自分自身もキャンバスになる」というアフォーダンスの発見と、「ダイナミックの限界に挑戦し、没頭している姿」というフロー体験、そのものですね。


2020年8月3日月曜日

2020/08/03(月) 子どもの未来は、大人が子どもの失敗をどれだけ許せるかで決まる

 最近、自殺をする若者のニュースがたびたび報じられ、心が痛いです。逆境時の耐性に乏しい人が増えているのですね。きっと、子ども時代に「失敗を許される体験」を十分にしてこなかったのでしょう。

 漫画家の山田玲司さんは、著書「非属の才能」(光文社新書)の中で、次のように述べています。「(大人たちは、その乏しい体験から)人生には、いたるところに穴がある。私は、いっぱい落ちた。だから、お前には落ちて欲しくない。」子どもには、自分のように失敗した人生を歩ませないため、先回りして穴を埋め、しまいには「お父さんは、人生を全部先送りにしてきたんだ。だから、お前も最後まで先送りにして逃げろ。運が良ければ、逃げ切れるぞ。社会っていうのは、そういうもんだ。厳しいんだ。穴があったら、迷わず遠回りして行け。」

 でも、そのように生きてしまうと、先送りで「負け知らずの人生」を歩むことになりますから、ちょっとした失敗ですぐに挫折し、「もうだめだ」となってしまいます。結局、穴との付き合い方は、穴に落ちてみなければわからないものなのです。

 山田さんは、「親が本当に子どもにすべきことは、子どもの失敗やいたずらを容認することだ。」と考えておられるようです。「ミルクをこぼしただけで、鬼のように子どもを叱るお母さんがいる。もしかしたら、その子は上手く飲むための試行錯誤をしていたのかもしれないのに・・・。でも、お母さんは、問答無用でひっぱたいたりする。もしかしたら、そのとき、その子どもは空想の宇宙船で銀河を旅している最中だったのかもしれないのだ・・・。この時期に子どもの失敗を容認するということは、実は巨大な先行投資になるのだ。」家じゅうの調味料をひっくり返し、全ての化粧品をぶちまけている我が子に、「あなたは今、どんな旅にでているの?」と笑いながら聞いてみて欲しいものです。

 「ふざけないで!大切な物を台無しにして、ダメなものはダメだと教えるのが大人の役目です。」と言いたい気持ちも分からなくはないですが、それはともかく横に置いておいて、子どもの言い分を寛容な姿勢で聞くことによる効果を、冷静に考えていただきたいと思います。「高価な化粧品や、キャビアの瓶詰めよりも、あなたの挑戦に価値がある」というメッセージは、生涯にわたって子どもを支え、「失敗に負けない心」を作るのです。

 山田さん自身、ミルクをこぼしても鬼に怒られたことが無い、セロテープを一本丸ごと使って「セロテープ遊園地」を作っても、ベートーベンのLP版レコードをひっかいて傷をつけても、鬼は出てこなかったと述べています。それどころか、いつでも落書きができるように、壁に大きな模造紙を貼るという周到さで、家族は山田さんの試行錯誤を歓迎してくれたのだそうです。おかげで、山田さんは、何回連載を打ち切られようが、ブログが炎上しようが、平気でやりたいことを続けていられるそうです。


 保育園でも、子ども自身や相手を傷つける場面を除き、その失敗を許す余裕があったらと思います。また、子どもがやりたいと思ったときに、やりたいことができる環境の準備を怠らないでいられたらいいなと思います。「子どもの未来は、大人が子どもの失敗をどれだけ許せるかで決まる」のですから。

2020年7月1日水曜日

2020/07/01(水) 全部食べきれなくても

 「食べ物に好き嫌いがある」ということは個性だという考え方があります。個性があるということは素晴らしいことで、尊重されるべきとなります。そのことを踏まえたうえで、お子さんの今までの食生活と一人ひとりの理解力とを照らし合わせて、「嫌いなものは食べなくてもいいよ」あるいは「一口だけでも食べてみようか」等、保育士はお子さんに言葉がけすることになるでしょう。

 一方、食べ物に好き嫌いがあることは個性とか個性ではないとかではなく、「出されたものは全て食べることがいいこと」という考え方があります。そういう人たちは「戦中戦後食べ物が無くて亡くなった先人に申し訳ない」とか、「食べ物を作ってくださった人に感謝の気持ちを表すためにも残してはいけない」というように思っているようです。お子さんの今までの食生活と一人ひとりの理解力とを照らし合わせるというよりも、「嫌いなものでも栄養が入っているから食べなさい」「全部食べなさい」という言葉がけになります。

 昭和初期から中期の時代なら、全部食べることは確かに大切なことかもしれません。でも2020年の現代それも我が国日本でと考えると、食べ物が無くてガリガリになって困る人よりも、食べ過ぎによる体重増加でダイエットが上手くいかずに困っている人の方が圧倒的に多いですね。

 これを読んでいるあなたに質問します。あなたは「全部食べきれなくてもおかわりできます」と言われた方がいいですか?それとも「全部食べないとおかわりできません」と言われた方がいいですか?「私自身は全部食べられなくてもおかわりできますと言われた方がいいのに、他者に対しては全部食べなさいと言っているかも」・・・もしもそういう方がいらっしゃったら、矛盾を解消できたら嬉しいです。「私は好き嫌いなどない、食べきれないことは無い」そういう方は、「もしも私に好き嫌いがあったら、」と思いをはせていただければと思います。

 私は、「食べ物に好き嫌いがある」ということは個性だと考えています。全部食べきれなくても好きなものをおかわりできたらいいなと思います。また、「食べ物を作ってくださった人に感謝の気持ちを表す」ことは大切ですが、そのためには全部食べるというより、「一口だけでも食べてみようよ」と提案するくらいがいいと思います。そして心のどこかに「今、食べたくないのは、その栄養素を必要としていないからであって、大人になれば身体が欲して食べるようになるはず」という希望があるといいなあと・・・

 みんなで楽しくおしゃべりしながら食べることは実に素晴らしい文化ともいえます。コロナの渦中、せめて家庭の中だけでも文化を絶やさずに。

2020年6月2日火曜日

2020/06/02(火) 保育園は明るく楽しく健全な・・・

 長いながい自粛期間が、コロナと共に生きていく新しい生活様式を引き続き継続していくことを前提として、解除されました。

 登園初日の6月1日(月)、この日が事実上の入園日になる新入園のお友だちを除いて、在園のお友だちの様子が私には非常に興味深かったので記したいと思います。

 通常なら、週末ご家族で楽しく休日を過ごしたお子さんが、週明けの月曜日の登園時に、おうちの方と「さようなら」するのを嫌がることは、ごく普通の姿として認識しています。それは、やはり「保育園よりもおうちの方がいい」とお子さんが思うからではないかと考えています。

 心理学博士の掛札逸美先生は、「保育園は明るく楽しく健全な必要悪」とおっしゃっています。確かに、「保育園は、明るくて楽しくて健全なところである」と言えましょう。でも、子どもにとっては、「ママが一番、保育園は仕方なく行くところ」なのかもしれませんね。また、保育園がなければご両親のお仕事に支障をきたしてしまいますので、「保育園は、やむを得ずこの世に存在するものだ」と考えると、「必要悪」という指摘はある意味的確なのかもしれません。

 このことを踏まえると、2か月に及ぶ自粛期間中、大好きなご両親の元で過ごしたお子さんが、その状態から引き離されて保育園生活に戻るとき、お子さんのストレスは計り知れないものがあると想像していました。当然、6月1日の登園時には、あっちこっちで登園拒否のボイコットが起きるはずだと思っていたのです。

 ところが、いざ蓋を開けてみると、登園拒否はなぜか起きなかったのです。(繰り返しになりますが、新入園児さんはたっぷり泣きましたよ。例年の4月当初の光景が、6月1日にズレたといえましょう。)昨年度0歳児クラスで、今年度1歳さんになったお友だちも含めて、極めてスムーズに「いってきま~す」と母子・父子分離の儀式を済ませ、2か月のブランクなど微塵も感じさせないさまで、スタッフやお友だちとの再会を喜び、近くにあるおもちゃや遊具で遊び始めたのでした。

 巷では、自粛生活が続くことに伴う問題点として、「家族間のぎくしゃく」がクローズアップされています。それをそのまま当てはめれば、「家族間のぎくしゃくから解放される役割をもつ保育園」となります。しかし、私はそういうことではないと思うのです。あっちが塩梅悪くなったからこっちという「消極的な理由」ではなく、もっと「積極的な理由」があると思うわけです。この「積極的な理由」として、私は、子どもの育ちにとって、「ご家庭」という個人的な関係と、「保育園」という集団的な関係が、車の両輪のように、どちらも同じくらい大切で必要なのではないかと感じるのでした。この長い自粛騒動が、偶然にも子どもへの壮大な実験となったのです。

 まだ仮説の段階ですが、お子さまにとって、ご家庭>保育園と思っていたことが、実は、ご家庭=保育園だったのです。これは、保育園にとって凄いことです。「保育園は明るく楽しく健全な必要善」。


 保護者の皆さま、お子さまが生後8週目を過ぎたら、保育園にお預けください。

2020年5月13日水曜日

2020/05/13(水) 絵本のおすすめ

 皆さま、お子さんの体の成長は目で見ることができますね。では、心の成長はどうやって確かめるのでしょうか?心の成長を目でみることはできません。でも、親と子の「心のキャッチボール」ができていると実感したとき、わが子の心の成長を感じることでしょう。


 親と子の「心のキャッチボール」をしたいと考えたとき、一番有用な手段は、私は「絵本」だと思います。絵本は子どもたちの心の糧ともいわれています。幼い子どもたちは、絵本を読んでもらうのが大好きです。子どもたちと一緒に絵本を楽しむことは、子どもの心に寄り添うことに他なりません。

 絵本の有効性について、東京大学大学院の秋田喜代美先生のお書きになったものを参考に、次に記してみますね。

1. 読み語りを通して、赤ちゃんは読み手の目をじっと見たり、大声を出して笑ったり、指差しをしたりして、読み手との交流を図ろうとしてきます。

2. 好きな絵本ができると、子どもはその世界に入り込み、登場人物になりきろうとします。

3. 声の響きから、「楽しい」、「悲しい」といった気持ちを汲み取れるようになります。

4. じっと見つめることで、観察力の土台につながります。

5. 同じ絵本を繰り返し読むことで、「次はこうなるはず」といった先を見通す力がつきます。

6. 絵本の主人公の複雑な心境などを理解し、「自分だったらどうしよう?」と考えるようになります。この経験の繰り返しで、問題が起きたとき、すぐにキレたり、へこんだりしない力が育ちます。


 どうですか?絵本っていいでしょう。

 ところで、絵本を購入するとき、自分(親)の好みで選択していませんか?大人が好きな本と子どもが好きな本の間には、どうも大きな溝があるようなのです。「心のキャッチボール」をするためには、子どもが興味を示す絵本を選ぶことも大切だと思います。その点、福音館の月刊絵本は、専門家が研究に研究を重ねて作りこんだ絵本です。大人にとっては、「えっ、こんなの」と思ってしまう絵本が届くこともあります。でも、意外に子どもはとびつくものです。私も、何でこれがおもしろいのかなあ?と思ってしまいますが、子どもが食いつくのなら、それはそれで価値のある絵本だと思います。親が絶対選ばない本が購入できる、これは月刊絵本のメリットともいえます。もちろん、大人も子どもも大好きな本もたくさんありますからご安心ください。


参考資料(保育の中でお子さんと一緒に絵本を読んで)
さくらそう保育園元郷 園長 三浦邦子

めん たべよう!」小西英子作 福音館

 この本は、うどん、そば、ラーメン、スパゲッティなど、たくさんの麺類がページいっぱいに描かれています。まるで写真のようにリアルで、湯気もでていますが、実は作家が何年もかけて描いたものなのです。すごいなあと感動してしまいます。

 きつね、たぬき、つきみ、なべやき等、何度見てもページをめくるたびにお子さんは「わあ~」と歓声。「おいしそう」と言っているうちに本当によだれが出てくるお子さんもいます。「ねえ、こんどは、何食べようか?」と、いいながら、もう一回とせがんできます。

 しかし、この本の良いいところは、お子さんの「もう一回」を上手にお断りすることもできるのです。それはおしまいのところで、「おなか、いっぱいになったでしょう。ごちそうさまする?」などと言ってみるのです。そうするとお子さんは「うん、ごちそうさまでした。」と反応し、「お-しーまい」になるのです。作戦勝ち(笑)

かじだ、しゅつどう」山本忠敬作 福音館

 この本は、消防署のブザーが鳴り、消防自動車が出動し、消火し、消防署に戻って洗車するまでが描かれています。お子さんはとても楽しいようで、「もう一回」を繰り返します。私も楽しくなり、何度も読んでいました・・・ふと、お子さんがいなくなりました。すると、「いっしょ!」と言って、おもちゃのはしご車を持ってきました。絵本の横に並べ、見比べながら「いっしょ、いっしょ」と大喜び。そのお子さん、次の時は、このはしご車を持ちながら、かじだ、しゅつどうの本を読んでと、持ってきました。洗車のページになったら、持っているはしご車を、ていねいに洗車するかのようになで始めたのでした。

 以上、2冊の絵本を見ているお子さんの様子でした。お子さん達はそれぞれ、「よだれが出た時」、「車をなでていた時」、そのしぐさと表情は、本当に心が動いているようでした。そして、このような場面に出会えた時は、私の心も喜びで動き出すのでした。この心の動きを生んだのは、紛れもなく絵本です。絵本の力は大きいと思います。

2020/05/13(水) 最近の朝日新聞から

 コロナがらみではありますが、興味深い記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

(1) 先ずは、朝日新聞2020/4/27夕刊に載っていたことを紹介したいと思います。あうっ、残念ながら、記事の切り抜きを紛失してしまいました。要点だけ思い出して書きますね。

 「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために在宅勤務が進む一方で、保育園や学童保育の利用自粛を促す動きが広がっています。その結果、家で子どもをみながら仕事せざるを得ない人も多く、戸惑う声が多いようです。恵泉女学園大学長の大日向雅美先生は「完璧を捨てよ」と助言してくださっています。

 「完璧を捨てよ」という示唆がステキですね。「完璧なんて無理!」、「それはもう仕方ない!」この境地に到達すれば、どんな状況でも「キレる」ことは無いかもしれません。難しいですけど、保護者の皆さま、今は有事の時です。完璧は捨ててみませんか。

(2) 次は、朝日新聞夕刊2020/5/12の記事です。記事の切り抜きは、、、ありました!


 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛が求められる中、子どもたちが室内でケガをする可能性が高まっていると、大阪府の救命救急医が呼び掛けているようです。

 早速、この方の「Save the Future」というWebサイトから、資料「室内安全チェックリスト」を入手しました。以下にも貼っておきます。


 保護者の皆さま、くれぐれもお気をつけいただけましたら幸いです。

(3) 最後に、朝日新聞2020/5/8夕刊からです。実は、夕刊って薄いのですが、「どうすればいいかなあ」といったことに対する答えのような記事が多いので、結構好きなのですよ。


 人の行動を変えるには、禁止でなく選択肢で「そっと後押し」、これもいいですね。「○○しろ! ××するな!」といった表現では、なんとなくムカッときて、反感を誘いますよね。

 ところが、「石鹸で手を洗え」ではなくて、「となりの人は石鹸で手を洗っていますか」と変化球でこられると、「隣の人に見られてるかも・・・洗っとこうかなぁ」って気持ちになるものですね。

 これって、保育士として子どもに気持ちを伝える時にも、同じような配慮があった方が、温かくて柔らかい保育に近づくってことかもしれませんよ。「○○しろ! ××するな!」というような、指示だけではないやり取りができたらいいなあ。

2020年4月14日火曜日

2020/04/14(火) 緊急事態宣言

 新型コロナウイルスをこれ以上広めないことを目的として、国の方針と市役所の指導に基づき、さくらそう保育園でも登園の自粛を呼び掛けています。小規模保育事業の二つの園では、ほぼ登園者がいない状態です。また、認可保育園でも、登園者数は1桁台で推移しています。これも趣旨をご理解いただき、協力してくださる保護者の方々のおかげです。保護者の皆さま、ご理解ご協力ありがとうございます。

 さて、歌手のさだまさしさんが、ユーチューブとラインで、さだまさし誕生日記念「バースデーだから生でさだまさし」のライブ配信をしています。実は、さだまさしさんだけではなく、沢山の歌い手の方々が、市民を勇気づけるために、SNSやラジオを使って無料で音楽を配信してくださっています。奉仕の精神には頭が下がります。では、「緊急事態宣言の歌」よろしければ聞いてみてください。以下にリンクを貼っておきます。

「緊急事態宣言の歌」
https://www.youtube.com/watch?v=wxhU0FG-cxs

 コンサートの最後の曲です。要約しますと...

私たちがウイルスに侵されないこと 今それが私たちの戦い
自分を疑って
臆病になって
家から出ないで
家から出なければならないライフラインを守る人たちにありがとう。無事を祈るのみ
すれ違う見知らぬ人、好きな人、嫌いな人、みんな大事な命
仕事を失ってみんな悔しい
文句を言うのは生きのびた後だ
とにかく手を洗って
大切な人を失いたくないんだ

 保育園は、いわゆる「濃厚接触の場所」です。毎日、複数のおとなが、異なる外部環境(職場、家庭、通勤経路等)から出入りする場所でもあります。そのため、感染リスクは高くならざるを得ません。お子さま、保護者の皆さま、そしてスタッフの生命を危機にさらす可能性があります。そして、発症者や感染者や濃厚接触者が出た時には、閉園になってしまいます。(じっさい、市内でも閉園している園があるとか無いとか??)保護者の皆さまやスタッフが、濃厚接触者となることもあります。

 お子さま、保護者の皆さま、そして、スタッフの健康と命を守るための大事なお願いです。対岸の火事だと思わないで、自分を疑って、臆病になって、「自粛」にご協力ください。

「文句を言うのは生きのびた後だ!」